成 功はライン上 にあり


持っている力をすべて注ぎ込む



Pride は缶を製造したことがないため、Pride 社製の缶をご覧になったことはないでしょう。しかし弊社が従事しているビジネスに間違いは御座いません。なぜなら製缶メーカー様が 行っているビジネスと同じだからです。

ボトムフォーマー、オーバートラベル監視システム、フローティングツールパック、エアベアリング精密グラインダー、当社の全製品ラインナップで構成されています。

弊社の持つ力をこれら商品の製造にすべて注ぎ込むことができるため、お客様が遭遇するダウンタイムを大幅に削減できます。弊社の成功を皆様ご自身の目でお確かめ下さい。

sec1

ハイブリッドボトムフォーマー


常に均一の品質を保つこと  それこそが個性

長寿命のセラミックシリンダースリーブ
グリスレスブッシング
長期のメンテナンス周期

Pride のボトムフォーマーはメンテナンス頻度が低く、グリース不要の複合ブッシング、1年以上のメンテナンス周期を誇るピストン/シールシステム、4マイクロインチ仕上げのセラミックシリンダースリーブ、長寿命スプリングを搭載した、ご期待の上を行く機器です。


sec2

信頼性の高い調整力。一定性の高いドーム深度。

Pride のダブルアクションボトムフォーマーは、均一な缶底を成形します。一定のクランプリング力で材料の流入量を制御し、続いてドーナツスプリングの信頼性の高い調整力によりドームデプスをコントロールします。ボディーメーカーへの衝撃の軽減に加え、ボディーメーカーの速度にばらつきがあっても、信頼性を確保できます。

 

クランプ圧を制御。ドーム割れの発生を抑制。

速度を上げて缶の材料を薄くすると、均一のクランプ圧がより重要になります。Pride のハイブリッドボトムフォーマーは、ピストンの背面にある大きな空気チャンバーを利用してクランプ力の一定性を高めます。これによりPride社 は、材料を薄くしつつ破断を抑えるボトムフォーマー技術でリードし続けているのです。

 


低衝撃(赤)

飲料用缶では最も一般的です。

衝撃を軽減しつつ、速度を問わずドームデプスを最適化します。

ラム 制御(黄)

この低力スプリングは、動的ストレッチ工程の前にパンチ工程に関係し、ラムの回転を助け、ラムのたわみを軽減します。

高強度( 青)

大型の飲料用缶の耐圧強度高めます。食品用缶のパネルデプスを維持するために使用します。

PRIDE社総代理店のディアイエンジニアリング㈱に今すぐご連絡ください。

ガーディアン II


ライン上のわずかな一部。しかし成功の大部分を占める箇所

より高品質な缶を
より少ないダウンタイムで

ガーディアン II は、製缶工程の重要な要素であるボディーメーカーのオーバートラベルを安全かつ精密にモニタリングします。デコレーター速度に合わせるために、ボディーメーカー速度にばらつきがあっても、最適なドーム深さを認識しているボディーメーカーをセットアップして稼働して下さい。
ガーディアンのオーバートラベル監視機能とデータトレンディング機能を利用して、不測のダウンタイムの発生を避け、メンテナンス作業を最適化します。

sec3

PRIDE総代理店のディアイエンジニアリング㈱に今連絡ください。

フローティングツールパック


缶および缶のみならず製缶メーカー様へのストレスを軽減

独特なダイサスペンションシステム
破胴をさらに抑制

精密サスペンションシステムは、ラム位置のばらつきを緩和し、缶へのストレスを軽減します。精密な位置決めピンがダイをセンターまで正確に戻します。ダイがセンターに近いほど、破胴の発生が軽減します。


sec4

缶は決してツールの一部ではない。

従来のツールパックは、カーバイドのダイリングと壊れやすい缶自体を使用して、パンチをセンターに押し戻します。この工程はダイにストレスを与えてダイを磨耗させますが、より注意しておきたいのは、缶胴に大きな圧力がかかることです。このストレスでスチール缶の表面に白い筋が付きますが、これは銅が「再溶融」しているのです。

Pride社 のフローティングツールパックでは密閉サスペンションシステムを使用します。このシステムは、ダイを以前のセンターに押し戻すのではなく、次回のラム進行前に完全なセンターの0.001 インチ以内に戻します。 缶トップウォールに最高の同心度をもたらし、破胴の発生を抑制する設計になっております。その他のフローティングツールパック(O リングシステム、クワッドリングシステム等)では、ダイをセンターに合わせることはできず、限界は固定ツールパックと同じです。結局はダイの摩耗が加速し缶の品質が低下します。


新しいピンのデザイン  ピンの長寿をより長く

ダイとの接触面積を拡大し硬いピンを採用することで、リング外径に傷をつけること無く、回転転がよりスムーズになりました。


冷却をよりスマートに  ダイの寿命をより長く

ツールパックの蓋で機能するように配列されているクーラント注入口から(缶の転換を短くします)、ダイのカーバイド面を完全に覆うようにクーラントをらせん状に供給します。缶の品質が向上し、ダイの寿命が長くなります。


ゴム製防振装置  缶胴の品質を向上

ゴム製のスプリングがラムからの振動を抑制し、缶胴のうねりを防止します。特に軽量缶の製造時に効力を発揮します。

PRIDE社総代理店のディアイエンジニアリング㈱に今連絡ください。

エアベアリング精密グラインダー


革新的な精密さ 優れたダイ真円度 高品質の仕上げ 革新的な精密さ

優れたダイ真円度
高品質の仕上げ
ダイの寿命をより長く

Pride 社グラインダーは高精度で作動します。その絶対尺度は基準を取ることなく、位置を常に示します。クローズドループフィードバックは、スケールとコントロールの間に蓄積されたエラーが発生しないことを意味します。
4 インチの硬質な御影石が両スピンドルを固定しています。空中で御影石を停止させることで、低周波 振動による妨害を排除します。精密な位置決め機能に空気ベアリングの精度 1500万分の1(0.38 μm)TIR を組み合わせることで、真円度に優れたダイを実現しました。


sec5

フレームレストルクモーター

ギア、ジョイント、チェーンは一切不使用

スムーズで正確

ワークとホイールヘッドのエアベアリングスピンドルがいずれも浮遊研磨面上に設置されている場合は、真円を実現します。真円度により缶の品質が決まりますが、缶の品質を高めつつ各ダイの寿命を延ばします。より頑丈な新しいエアベアリングでは、送り強度は機械グラインダーと同等を保ちつつ、許容範囲と達成可能な表面仕上げ状態を大幅に拡大しました。


精度の秘訣はエアにあり

アイアニングダイ、リドローダイ、パイロットダイ、リドロースリーブ、トリマーナイフをエアで研磨します。機械式グラインダーと同等に送りが強力な超長型空気ベアリングよりも優れています。


2 ピース缶製缶メーカー様向けの設計 使用は簡単

エアベアリング精密グラインダーは、2 ピース缶製缶メーカー様の金型室用に設計されました。すぐにセットアップして使用できます。プログラミングは不要です。ダイ専用ウィンドウに入力してスタートを押すだけです。グラインダーが正確な位置に自動で移動します。オープンアーキテクチャを使用すれば新しいプログラムを簡単に追加できます。

Windows™ ソフトウェアと Windows OS を標準装備。アイアニングダイ、リドローダイ、バーニッシュダイ、パイロットダイ、リドロースリーブに対応しています。

RS232 と USB 接続部に加え、Bosch MTX コントロールを高速イーサネットインターフェースに搭載しています。


「タッチオフ」ではなく「プレススタート」

Pride Touch® ではタッチオフが不要になりました。丸いスタートボタンを押すだけで、研磨機が Z (ゼロ)を探り当てて自動的にスタートします。

PRIDE社総代理店のディアイエンジニアリング㈱に連絡ください。

パーツ/サービス


精密加工部品  保証付き。

TruePride™ 部品とともに、弊社のボトムフォーマー、ツールパック、グラインダーの詳細について、これまでと同様に厳格な目でお確かめ下さい。最高のエンジニアリング規格および保証の信頼性を維持しつつ高品質の缶を製造できる最良の方法です。


sec6(1)

お客さまにとって正しい選択になる

 

TruePride™交換部品及びサービスをご信頼下さい。

 

Pride Eingineering社日本総代理店

ディアイエンジニアリング株式会社

電話 03-3625-1501   メールアドレス info@diec.co.jp

住所:130-0013東京都墨田区錦糸1-2-1

部品注文およびサービスに関するお問い合わせ連絡先です。

無料トライアル


ドーマー、ツールパック、ガーディアンIIシステムの無料トライアル。

御社工場内で設置、使用を許可します。6カ月間無料トライアルです。操作向上により弊社の商品を気に入っていただけましたら、ご購入ください。お気に召さないようでしたら、ご返品いただくのみです。購入義務はございません。

以下のフォームに必要事項を記入または電話をおかけください。+1(763)427-6250 プロセスが本日開始します。

関心事:

ボトムフォーマー―/ドーマーPRIDEフローティングツールパックガーディアン2

free-trail-01

PRIDE連絡先


PRIDE社に関心をお寄せいただきありがとうございます。御社のプロジェクトについてお話しを伺えれば幸いです。もしよろしければ、電話+1(763)427-6250におかけください。

Corporate Headquarters

Pride Engineering, LLC

本社

PRIDE ENGINEERING, LLC

9401 73rd Avenue North

Suite 200

Minneapolis, MN 55428

電話+1(763)427-6250

ファクス:+1(763)427-6226

必要情報:

製品情報お見積もり

関心事:

ハイブリッドボトムフォーマーガーディアンIIフローティングツールパックエアベアリング精度グラインダー